小学校から英語教育

今年から小学校での英語の授業が始まりました。
新聞で読んだのですが、公立の小学校では先生が英語に対応できず音楽を聞かせたり、DVDを観せたりとほとんど英語の授業になっていないとのことでした。
私が心配なのは例えば私立ではどうなのかということです。
英語に熱心な学校とそうでない学校で英語の教育にどんどんと差が開いてしまってはとても心配です。
今、幼児向けの英会話学校が増えていますがやはり大学までのことを見据えると英会話教室に通わせるべきなのではと考えてしまいます。
ただ疑問なのは多分英会話ができるようにと学習指導要領に加えたのだと思うのですが、私が学生の頃は中学高校6年間、大学も加えるとかなりの時間英語の授業があったにもかかわらず、私自身海外に行くと単語が出てくるのがやっとで英会話というよりジェスチャーに近い感じになってしまいます。
留学された方の中でもやはりそういう方が私の周りではほとんどでした。
それなのに小学生から初めて意味があるのでしょうか?12歳からアメリカに一人で住んでいる友人に聞いたところやはり留学をしても一部の日本人を除いてだいたいは日本人どうしでかたまってしまう為に海外に馴染めず結局ほとんど英会話ができないまま日本に帰ってしまうそうです。
ただ、ビジネスで必要な人以外はそこまで英会話ができなくても大丈夫なのではと思ってしまうのは私だけでしょうか?私は一人で海外旅行に行きますが行けば行ったで何とかなりましたし、2ヶ月ほど海外にいれば聞き取ることはできますし、英語の授業のおかげで書く事が出来るのでそこまで苦労はしませんでした。
話は戻りますが私には子供がおりますのでやはり英会話学校に通わせるべきなのかと悩んでしまいます。
ただ幸いにも子供が英語に興味があるので今は総合的な塾に通っているのですが英会話を習わせてみるのも良いかとも考えています。

Comments

Comments are closed.